色付きリップで心身の健康を!

年齢肌による乾燥に一年中悩まされるようになった、30代後半の主婦女性です。私は常にリップクリームを持ち歩き、頻繁に唇につけるようにしています。私の唇はいちどひび割れたり、傷んだりすると、長い事回復できません。食事がしみて苦痛になるので、少しでも乾燥を避けようと、必死の努力でリップケアを続けているのです。粘膜系が弱いのか、口の中にもよく口内炎ができますし、ひび割れとダブルで来られては毎日の食事すら辛くなってしまいます。

そんな私は長年、無色の薬用リップクリームばかりを使用してきました。元々唇が敏感で荒れやすいため、口紅やグロスなどは若いうちからも、ほとんど使用したことがなく、リップクリーム一本槍だったのです。

そんな私にある時、知人がこうすすめました。「最近は保湿性もしっかりある有色のリップがあるので、使ってみたらどうですか?」と。リップメイクほどには印象がつかないが、顔色が明るく見えるくらいには色味がつくそうです。知人がこうすすめる裏には、「私の顔が疲れて見える」という暗黙の言が伺えました。

正直あまり気が進まなかったのですが、年齢肌の老けた印象を気にしていたことは確かです。とりあえずごく色味の薄いものを選び、使用してみました。すると…本当に顔色が少しだけ、明るく見えるようになったのです。驚きました。

たったこれだけの薄い色味を加えただけで、人間の顔ってこんなに変わるものなのだ…と改めて実感しました。不思議と、明るい顔色では思考がポジティブになり、日々のやっかいな問題も心持軽めに解決していけます。フットワークも軽くなりました。

美容が持つ健康効果、ともいえるのですが、やはり自分の顔を明るく保つことは、女性の心身の健康にとって重要なことなのかもしれない、そう強く思った次第です。

|PR|ブライダル前のまつげエクステは