がん保険は抗ガン剤での外来通院の補償のあるものを選びましょう

私の知人が乳がんになりました。私自身看護師をしています。乳がんは手術して終わりではなく、術後の抗ガン剤療法がほとんどの場合必要です。治療の内容にもよりますが、術後半年から一年間抗ガン剤治療を行い、その後5年間ホルモン治療が必要な場合もあります。
私の知人も術後の抗ガン剤治療が必要でした。ただ、知人の入っていた保険は術後の抗ガン剤治療などに関する通院補償のないものでした。抗ガン剤は種類にもよりますが、1種類10万円以上するものもあります。そのような高価な薬品を何種類も併用して治療をしていきます。総合病院や大学病院ではどうかわかりませんが、知人の通院していた病院は乳がん専門の個人病院。抗ガン剤治療の前に抗ガン剤の一覧を提示され、「医師としてはこの薬を使う事をオススメします。ただ、値段は〜円です。どうされますか?もう少し安い薬だとこれがあります。」と説明があったそうです。金銭的に苦しい方だと通院や抗ガン剤補償のサポートがなければ、ベストな治療を受ける事も出来なくなってしまいます。少し保険料はかかるかもしれませんが、術後の通院や抗ガン剤補償のある保険を選択する事をオススメします。

|PR|なぜまつげエクステはデザイナーで選ぶのか